hikaru.i.blog

is-ebiz o0a

Printcrime April 1, 2009

Filed under: Uncategorized — hikaru011 @ 11:29 am
Tags: ,

私の名前は大塚ヒカルです。
私はこの物語を翻訳するのオンライン翻訳を使った。
いくつかの文法の間違いを私にしてくださいクマ。
どうもありがとうございます。

タイトル: Printcrime
(性質の雑誌、2006年1月)
著者: Cory Doctorow

警察は私が8歳だったときに私の父のプリンターをこわした。 私はマイクロウェーブの中のフィルムのような目的の熱い感じを覚えている。 私はまた彼が新しい事でそれを満たした、ように新しい暖かい感じ焼ける集中するように彼がそれから出て来た目的の方法を覚え。
警察は振れる警棒が付いているドア拡声器を通して令状の言葉を暗誦するそれらの1を通って来た。 私の父の1人の顧客は彼を裏切った。ipolice は高級な医薬品で支払った — 性能の増強物、記憶補足、新陳代謝のブスター。 カウンター上の幸運を要した一種の事; あなたの台所を大きく、肉付きがよいいボディ、方法で得た何でもおよびだれでもこわす空気を通って笛を吹く堅い警棒の突然のクラッシュで満たしてもらう危 険を気にしなかったらあなたが家庭で印刷できる一種の事。
警察は私の祖母の車を破壊した。 彼女が故国から持って来た車。 それらは窓上の私達の小さい冷却装置そして清浄器の単位をこわした。 私の小さい鳥によっては大きいのとして追い出された彼のおりのコーナーに隠れることによってプリンターワイヤーの悲しいもつれに死がフィート押しつぶした ほとんどを脱出した。
私の父にした何を。 私の父がされたときに彼はであり全体のラグビーの側面と乱闘するのよう。 それらは車の彼を投げたと同時に彼にドアを持って来、人々が彼でよい一見を得ることを可能にした。 その間ずっとスポークスマンは私の父の組織罪密売操作が禁制品の少なくとも20,000,000に責任があるように、そして私の父が阻止に抵抗した絶望的 な悪人であるように世界に言った。
私はちょうどだれでも私達の小さく平らで、私達のひどく、男らしい財産を見、組織犯罪の重要部品の家と誤解できるかいかに、スクリーンのそれを見、疑問に 思う居間の残物の私の電話からのそれをすべて、いかに見た。 それらはプリンターを取り去った、当然、それ表示される人々のためのトロフィを好めば。 その少しは台所の神社恐ろしく空だったようである。私が自分自身を目覚ませ、平たい箱を取り、そして私の不運で小さい鳥を救助したときに、私は混合機をそこに置いた。 それは印刷された部品からなされた、従って私が新しい軸受けおよび他の可動部分を印刷する必要がある前にだけ月を持続させる。その当時、私は離れて取り、印刷できる何でも組立て直すことができる。
私が18を回したまでに、刑務所から私の父を許可して準備ができていた。 私は3回彼を訪問した — 私の第10誕生日、彼の第50で、私の母が死んだ時および。 それは私が最後に彼に会って彼が悪い形にあったから2年であり。 刑務所の戦いは柔軟のを彼に残し、彼は彼の肩に見た彼にあったようにによってそう頻繁にあった。私は私達が中行き、階段を持ち上げると同時にタクシーが財産の前の私達を落とした、台無しになったこれ跛を引いている骨組からの私の間隔を保つことを試みられてときに戸
惑って。
私の父は座り、私がスマートな女の子であると彼は私に言った。 私の父は私が彼にプリンターおよび他の事をどこに得ることができるか私が知らないかどうか私に尋ねた。
私は握りこぶしに私の手を従って堅い私のやしに切られた私の指の爪絞った。 私は私の目を閉めた。 ” 10年間刑務所にあった。 10年より多くの混合機および医薬品、より多くのラップトップおよびデザイナー帽子印刷するためにもう危険にさらそうとしているか。”
彼はにやにや笑った。 彼は彼が愚かではないと言った。 彼は彼のレッスンを学んだ。 投獄されする価値があるラップトップまたは帽子がない。 彼はまた彼がその屑のどれも印刷しようとはしていないと決して再度言わなかった。 彼はお茶を食べ、次にそれがウィスキー、一口および長い、満足する発散だったようにそれを今飲んだ。 彼は彼の目を閉め、彼の椅子で傾いた。
彼は私が彼の近くに来ることを許可した。 彼はその私に彼が10年間刑務所にいる間、彼が決定した事をささやく。
私は次々に挙げることについての彼罪があるの感じた。 彼は彼のロッカーから離れて、その多くだった明確いた。 神は彼が刑務所で入ったものを知っていた。
私の父は言い彼がとより多くのプリンターを印刷することを行く。 皆のための1つ。 それは投獄されする価値がない。 それは何でもの価値がない。

 

One Response to “Printcrime”

  1. […] PrintCrime in Japanese by Hikaru “Anna” Otsuka I encouraged one of my ITETHIC students to translate Cory Doctorow’s PRINTCRIME in Japanese. Here’s an excerpt: […]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s